SUPER GT鈴鹿に向けて*昨年の結果

 

こんにちは、クラフトスポーツです!!!

金曜日!いよいよ明日からSUPER GT鈴鹿!

そわそわしているスタッフの安中です。笑

 

今週末の天気は台風の影響もあり、曇りのち雨といった予報のようです。。。

雨だと雨でまた違ったレース展開になりそうなので、楽しみです!

 

本日は昨年のレース結果についてアップしたいと思います!

 

 2014.08.30(土) 晴れ/ドライコース

 

〈公式予選〉

Q1のタイムでは・・・・・・・

本山哲選手がトップに!!!!

鈴鹿1000㎞ではまだ優勝したことがないそうで、

優勝したいという気持ちが速さにつながったのでしょうか。

今週末の鈴鹿でも優勝したい!という気持ちで

頑張ってほしいと思います!!

 

続けてQ2の2位は#23 MOTUL AUTECH GT-R!

(この時はウェイトハンディ84kgで、

50kg分を燃料リストリクターで置き換えとなりました。)

ハンディキャップがありながら好調ぶりをアピール!

 

本山哲選手と#23のQ1を担当した松田選手は、

1’48.629、1’48.863と好調のタイムでQ1を終えました!

公式予選の結果的には、、、

1位、2位をレクサス・Honda勢に取られてしまいましたが、

3位に#23 MOTUL AUTECH GT-R、

4位に#46 S-ROAD MOLA GT-R(本山哲選手)が入り、

明日の決勝レースに向けて好スタート!

 

 2014.08.31(日) 晴れ/ドライコース

〈決勝レース〉

昨日の公式予選結果の順で、

MOTUL AUTECH GT-Rは3番グリッドから、

本山哲選手の所属するS-ROAD MOLA GT-Rは4番グリッドから、

それぞれ出発となりました!

 

2014年8月30日午後12時24分。

約6時間にわたる長丁場のレース・夏の鈴鹿1000㎞が開幕しました。

 

3番グリッドからスタートしたMOTUL AUTECH GT-Rは

はじめはグリッド順でキープしたまま走行し、

ウェイトハンディがあった中でトップから離されないよう

#23 MOTUL AUTECH GT-Rは上位をキープ。

 

結果、そのまま、#23 MOTUL AUTECH GT-Rは2位!

大きなハンディがあった中ではありましたが、

夏の鈴鹿1000㎞レースという大事な試合で

2位となり、そのままランキングは首位に浮上!

 

今年の鈴鹿1000㎞レース時にも、

MOTUL AUTECH GT-Rは大きなハンディを背負っての出場となります。

昨年のような、ハンディを感じさせない走りに期待したいと思います!

 

本山哲選手の所属するS-ROAD MOLA GT-Rは・・・

4番グリッドからスタートし、

こちらもグリッド順で順位をキープ。

 

周回数が15周目にかかったところで#46にアクシデントが・・・

本山哲選手はレースレポートにて、以下のように話しています。

 

『トラブルの原因は、まだはっきりと分かりませんが、

それまで何の兆候もなくあの周回で突如エンジン出力が低下し

レース続行が不可能な状況になりました。

優勝を目指してチームは最善を尽くしてくれましたが、

リタイヤと言う選択を受け入れざるを得ませんでした。

 

15周目にして緊急ピットイン。

そこから#46がピットアウトしていくことはありませんでした。。。

 

今回のレースでは昨年の悔しさをバネにした、

本山劇場に期待したいと思います!!

また、本山哲選手の鈴鹿1000㎞での初優勝姿も

すごく楽しみなので、現地で精いっぱい応援したいと思います!

 

Go,Go,Nissan!

 

レースレポートは・・・・・・

☆MOTUL AUTECH GT-R レースレポート☆

☆本山哲選手 レースレポート☆

をクリックしてチェック☆(昨年鈴鹿のレースレポートです。)

 

 いよいよ明日!

夏の鈴鹿1000㎞が開幕です!

なお、明日・明後日は

クラフトスポーツ展示場・ショールームともに

通常通り営業しておりますのでご安心してご来店ください♪

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>