クラフトスポーツ / 高品質R32, R33, R34, R35GT-R専門店

「MOTUL AUTECH GT-R」開幕戦は4位

岡山国際サーキットで行われたSUPER GT開幕戦。#23 「MOTUL AUTECH GT-R」(本山哲/ミハエル・クルム)は4位入賞を果たした。低すぎる気温に苦戦したが、一時はトップまで上り詰めてGT-Rの強さをファンに見せつけた。

4月1日14時からの決勝レースは気温10℃、路面温度15℃と、4月としては低めの温度の中でスタートした。予選4位からスタートした本山哲は、周りもタイヤの温まりきらないオープニングラップで1台をパス。さらにもう1台をかわし7周目には2位まで浮上した。#23 MOTUL AUTECH GT-Rはハードめのタイヤを選択しており、序盤はトップとの差は一進一退を繰り返していたが、タイヤが温まってくるにつれてじわじわとペースアップ。周回遅れもスムーズにかわし、1秒以内の差をキープしてトップにプレッシャーをかけていった。そして、33周目のヘアピンでついにトップに浮上。36周を終えて後半スティント担当のクルムに交代した。

後半も固めのタイヤを選択していた#23 MOTUL AUTECH GT-Rは、アウトラップで2台に先行を許してしまう。全車がピットストップを終えた時点で3位。中盤までは気温の低さにペースが上がらず苦戦していたが、それでも4番手との差をキープしながら表彰台圏内を走行していた。終盤に順位を落とし、惜しくも表彰台獲得とはならなかったが、4位でチェッカーを受けシーズン初戦からポイント獲得を果たした。

■本山哲選手
「中盤から後半は良かったと思いますが、タイヤの性能を使いきれなかったとも感じます。クルムも中盤までは苦しそうでしたが、最後の10~15周のタイムは良かったですから。もっとタイヤの性能を発揮できるようにするのが次戦に向けての課題です。開幕戦で表彰台に乗れなかったのは残念ですが、ポイントも獲れてまずまずのスタートを切れたと思っています」

■ミハエル・クルム選手
「本山選手がすばらしいドライビングでトップに立ってからバトンタッチしましたが、ハードめのタイヤチョイスでウォームアップに時間がかかってしまいました。それでもレースをしていて楽しかったです。久しぶりのSUPER GTで表彰台に乗れなかったのは残念ですが、最後まであきらめずに走ったことで、最後にひとつ順位を上げて、4位で8ポイントを獲れたのは良かったです。あと7レース、頑張ります!」

■NISMO鈴木豊監督
「予想以上に低い気温に苦しみました。その中でもドライバーの頑張りがよく出たレースだと思います。2人ともハードめのタイヤで出て行ったので、序盤にタイヤを温めるのに苦労していました。それでも中盤には一時トップまで上がりましたし、GT-Rの持つ戦闘力は見えたと思います。富士に向けての手ごたえも感じられましたので、次戦も期待して下さい」

RESULT

Pos No Machine Driver Time / Behind
1 38 ZENT CERUMO SC430 立川祐路 / 平手晃平 2:01’21.776
2 100 RAYBRIG HSV-010 伊沢拓也 / 山本尚貴 +0.588
3 17 KEIHIN HSV-010 金石年弘 / 塚越広大 +14.826
4 23 MOTUL AUTECH GT-R 本山哲 / M.クルム +17.566
5 36 PETRONAS TOM’S SC430 中嶋一貴 / L.デュバル +29.504
6 8 ARTA HSV-010 R.ファーマン / 小林崇志 +32.165
7 18 ウイダー HSV-010 小暮卓史 / C.ヴァンダム +35.062
8 1 S Road REITO MOLA GT-R 柳田真孝/R.クインタレッリ +36.517