クラフトスポーツ / 高品質R32, R33, R34, R35GT-R専門店

「MOTUL AUTECH GT-R」3位で今季初表彰台

SUPER GT第2戦富士で、#23 「MOTUL AUTECH GT-R」(本山哲/ミハエル・クルム)が3位を獲得。様々なドラマが起こった500kmレースで、2人のドライバーがGT-Rの安定した速さを引き出し、今季初表彰台を手に入れた。

予選日同様、雨が多くのチームを翻弄し、ドラマを生んだ500kmレース。NISMOはエース本山がスタートを担当した。グリッドウォーク中に雨が降り出し、レースはセーフティカースタートに。4番手スタートの本山はこの間にレインタイヤに交換、本格的にレースがスタートして序盤に1台をかわし3位に浮上した。雨は降ったりやんだりで、多くのチームがタイヤ交換のためにピットインを繰り返したため、見た目の順位は目まぐるしく変わっていく。

レースも中盤の頃にはほぼ全車がドライバー交代を行い、クルムに交代した#23 MOTUL AUTECH GT-Rは安定したタイムで4番手につけ、上位追い上げにかかっていた。しかし、60周目にGT300クラスの車両がクラッシュ。車両回収のためにセーフティカーが導入され、この間にピット作業に入った車両があり、トップと僅差の2位でレースが再開した。最後のピット作業は83周目。これで再び本山にバトンタッチし、4番手から再度の追い上げに入っていった。しかし、残り20周を切ったところで雨が降り始める。雨脚は一気に強まり、たまらずレインタイヤに交換するマシンが出てくる中、本山は巧みなコントロールで周回を続けた。結果、3位にポジションを上げてチェッカーを受け、今季初表彰台を獲得した。

■本山哲選手
「レース序盤は雨が降ったことで、作戦の変更やタイヤチョイスなどいろんなことがありすぎてかなり混乱し、展開を覚えていないほどです。本当は勝ちたかったけれど、チャンピオンシップを考えると3位表彰台というのは悪くはない結果です。ただクルマのセットアップやパフォーマンスを考えるとまだ足りない部分があると思うので、そのあたりをしっかり反省して次のセパンに臨みたいと思います」
■ミハエル・クルム選手
「日本に帰ってきて初めての表彰台なのでうれしいです。やはりGTではしっかりポイントを取っていかないといけませんから。哲も混乱したレースでいい仕事をしてくれたと思います。僕は36号車との勝負でした。順位を守れたのは良かったですが、1位や2位との差は大きかったのできちんと分析しないといけませんね。
セパンでは十分走りこんでいるしぜひ優勝したいと思っています」

■NISMO鈴木豊監督
「結果的に、戦略面でうまくいかなかった部分はありましたが、随所でGT-Rの速さを見せられたと思います。本山もマイケルもいい走りをしてくれて、苦しい時も粘り強く走って、トップ争いもできました。特にマイケルは久々にマイケルらしいバトルを見せてくれて、次につながるいいレースになったと思います。次のセパンはテストもしていますし、我々が得意としているコースです。ここで上位につけて、シーズンをリードする形に持っていきたいです」

RESULT

Pos No Machine Driver Time / Behind
1 39 DENSO KOBELCO SC430 脇阪寿一 / 石浦宏明 3:21’14.137
2 100 RAYBRIG HSV-010 伊沢拓也 / 山本尚貴 +12.055
3 23 MOTUL AUTECH GT-R 本山哲 / M.クルム +32.107
4 36 PETRONAS TOM’S SC430 中嶋一貴 / L.デュバル +35.301
5 12 カルソニックIMPUL GT-R J-P.デ・オリベイラ / 松田次生 +49.111
6 17 KEIHIN HSV-010 金石年弘 / 塚越広大 1’00.738
7 1 S Road REITO MOLA GT-R 柳田真孝 / R.クインタレッリ 1’24.046