クラフトスポーツ / 高品質R32, R33, R34, R35GT-R専門店

「MOTUL AUTECH GT-R」、8位入賞でポイント獲得

マレーシア・セパンインターナショナルサーキットで行われたSUPER GT第3戦。3番手からスタートした#23 「MOTUL AUTECH GT-R」(本山哲/ミハエル・クルム)はコースコンディションにマシンがマッチせず、苦しいレースを強いられることとなったが、粘り強い走りを見せてシリーズチャンピオンに向けて貴重なポイントを獲得した。

決勝日は、朝からマレーシアらしい強い日差しに包まれた。決勝レーススタート直前には気温33℃、路面温度も49℃まで上がり、予報通りの厳しい暑さとなった。 NISMOのスタートドライバーは本山。3番グリッドという好位置からのスタートに、序盤に勝負を仕掛ける作戦だった。しかし、練習走行の時から出ていたコースコンディションとのアンマッチングが決勝レースでも出てしまい、なかなかペースを上げることができない。チームは予定よりも早く、22周を終了したところでピットインの指示をだし、ドライバー交代を行った。本山からバトンを受け取ったクルムは残り32周というロングスティントを担当することになったが、こちらもペースアップに苦戦。さらには終盤に他車に接触もされ、9位でチェッカーを受けた。しかしレース後に、接触してきたマシンにペナルティが課されたため、#23 GT-Rは8位にポジションアップ。シリーズポイントを3ポイント獲得した。

■本山哲選手
「トラブルなのか、セットアップなのか、タイヤのマッチングなのか原因はわからないのですが、早い段階からアンダーステアがきつかったです。タイムが上がらずタイヤ摩耗も進んできたので早めにクルムに交代しました。長いシーズンにはこういったレースも出てきてしまいますが、そんな中でも8位でポイントをとれたことが大事です。次に向けて色々と見直していきたいと思います」

■ミハエル・クルム選手
「本山のスティントで車のバランスが悪いという報告は聞いていて、大変なレースになるだろうとは感じていました。ライバルとはペースが違い、つらかったですね。内容にはがっかりしていますが、僕も本山も最後まであきらめずにレースをしました。すぐに開発して結果を出すのは難しいかもしれませんが、クルマをもっともっと速くしていかないといけないと感じました」

■NISMO鈴木豊監督
「十分なテストを行い臨んだセパンですが、練習走行からレースまで同じような状況になってしまいました。作戦としては序盤に本山でプッシュして上位を狙ったんですが、車のバランスが悪く逆にペースが上がらず、結果的にポジションを落としてしまいました。ドライバーたちは一生懸命頑張ってくれたんですが速さを見せられなかったのがとても残念です。この内容をしっかりと分析し、次戦では巻き返しを図りたいです。シーズン中盤・後半戦に向けて戦闘力を上げられるように頑張っていきたいと思います」

RESULT

Pos No Machine Driver Time / Behind
1 18 ウイダー HSV-010 小暮卓史 / C.ヴァン・ダム 1:47’52.531
2 38 ZENT CERUMO SC430 立川祐路 / 平手晃平 +3.016
3 6 ENEOS SUSTINA SC430 伊藤大輔 / 大嶋和也 +9.642
4 39 DENSO KOBELCO SC430 脇阪寿一 / 石浦宏明 +20.570
5 12 カルソニックIMPUL GT-R J-P.デ・オリベイラ / 松田次生 +37.488
8 23 MOTUL AUTECH GT-R 本山哲 / M.クルム +1’05.203