クラフトスポーツ / 高品質R32, R33, R34, R35GT-R専門店

「MOTUL AUTECH GT-R」、5位入賞

4年ぶりに復活した鈴鹿1000㎞レースは、2度もセーフティカーが導入される波乱のレースとなった。その中で、MOTUL AUTECH GT-R(本山哲/ミハエル・クルム)は予選4番手から一時はトップまで浮上し、5位入賞を果たした。
決勝レースは173周。12時30分に約6時間にわたる戦いがスタートした。スタートドライバーの本山は、序盤は予選と同じポジションで周回を重ねていった。ライバル勢がタイヤのトラブルに見舞われる中、#23 MOTUL AUTECH GT-Rも本山がタイヤの不調を察知し、26周目に予定より早めのピットインに入ることに。

ドライバー交代したクルムのタイヤマネージメントもあって、2回目のピットインを行うまでに3番手までポジションアップした。再び本山に交代して11番手でコースに復帰したが、62周目にヘアピンコーナーでクラッシュが発生しセーフティカーが導入されることに。この間にピットストップを行うライバル勢がいたため、7番手までポジションを上げたところでレースが再開された。その後はタイヤをいたわりながらも前を追いかけ、110周目にはトップに立つ。ピットインのタイミングで、同じ日産勢の#1 GT-Rとトップを交代しながらレース終盤に入っていった。しかし、156周目に再びセーフティカーが登場。リスタート後も表彰台圏内を守っていたが、比較的フレッシュなタイヤを履いていた他車の先行を許し、5位でレースを終えた。

■本山哲選手
「クルマはアンダーステア傾向が強く、フロントタイヤを痛めてしまったことで各スティントの後半はとても厳しかったです。いちど、GT300と接触してしまい、余計なピットストップをしてしまったのも良くなかった。ただ、荒れたレースの中でクルマの信頼性は良かったし、そこは他メーカーと同等以上だったと思います。今回は最後に表彰台を逃して悔しいレースになったので、次回こそは表彰台を獲得し、チャンピオン争いにつながるレースをしたいです」

■ミハエル・クルム選手
「1度トップに立ったときは、優勝に向けた期待がとても高まったが、予定外のピットストップが増えてしまったため、最後の本山のスティントが非常に厳しくなってしまった。彼はとても頑張ってくれたから、すごく残念。セーフティカーで他のクルマとの差が詰まっていなかったら、表彰台にも行ける力はあったと思う。でももう少しクルマのペースは良くしたいね。シーズン後半戦に期待したいです」

■NISMO鈴木豊監督
 「荒れたレース展開になりました。セーフティカーには助けられた面もありましたが、最終的には不利になってしまいましたね。(先行した#35 SCより)我々は先にタイヤを変えていたので、もう消耗していました。トラブルやアクシデントで多くのGT500がいなくなってしまったので、我々の(他車と比較した)速さという面では読めない点が多いですが、信頼性やチーム力は発揮できたと思います。シリーズポイントも詰まってきましたし、残る3戦、力を入れて頑張りたいと思います」

RESULT

Pos No Machine Driver Time / Behind
1 1 S Road REITO MOLA GT-R 柳田真孝/ R.クインタレッリ 5:59’01.662
2 35 KeePer Kraft SC430 国本雄資 / A.カルダレッリ +15.076
3 24 D’station ADVAN GT-R 安田裕信 / B.ビルドハイム +16.583
4 12 カルソニックIMPUL GT-R J-P.デ・オリベイラ / 松田次生 +17.206
5 23 MOTUL AUTECH GT-R 本山哲 / M.クルム +30.543
6 19 WedsSport ADVAN SC430 荒聖治 / A.クート +31.549