クラフトスポーツ / 高品質R32, R33, R34, R35GT-R専門店

「MOTUL AUTECH GT-R」、6位入賞

SUPER GT第7戦九州ラウンドは、1/1000秒差の予選2位からスタートしたMOTUL AUTECH GT-R(本山哲/ミハエル・クルム)は、序盤をトップでリードしたものの、中盤に突然のグリップ低下で後退。後半もその傾向は続いたため挽回が叶わず、6位でレースを終えた。

決勝日のオートポリスは朝から濃霧に包まれた。午前中に予定されていた30分間のフリー走行は、時間を変更したもののキャンセルに。決勝レースも危ぶまれたが、ピットウォークの間に霧が晴れ、オンタイムでのレーススタートとなった。スタートドライバーの本山は、セーフティカーが外れ、再スタートが切られた3周目にトップに立つと、翌周にはその差を3秒まで一気に広げた。勢いは衰えることなく、大量リードを保ったまま走行を重ねていたが、12周目に、他車のクラッシュによりセーフティカーランとなる。マージンを失ってしまうが、2度目の再スタートが切られたあとも、再び後続との差を広げていった。しかし、レースの3分の1を過ぎたあたりで突如ペースダウン。3位に後退すると、28周目にピットイン。クルムにドライバー交代し、9位でレースに復帰した。クルムはハイペースで3位までポジションを取り戻したが、#23 GT-Rのペースが再び乱れ、51周目に2度目のピットインを行い、タイヤを交換してレースに戻る。その後、終盤に他車との接触によりドライビングスルーペナルティを課された#23 GT-Rは6位でチェッカーフラッグを受けた。

■本山哲選手
「レースウィークを通して、クルマもチームもいいパフォーマンスを見せてくれていました。路面の影響かどうかまだわかりませんが、突然タイヤのグリップがなくなってしまったので、予定より早めにピットに入りました。でもチームもクルマも状態はすごく良かったので、次こそは勝ちたいと思います」

■ミハエル・クルム選手
「今回は予選もうまくいって、チームもクルマのパフォーマンスも良かったので、6位という結果はちょっと残念ですが、最終戦のもてぎでもベストを尽くします」

■NISMO鈴木豊監督
「序盤は非常にいいペースで走っていました。しかし、そのペースが続かなかったことが残念です。表彰台に上がったチームを見ると、コンディションとタイヤの関係で差がついていた部分もあったと思います。しかし、チームとしてクルマのパフォーマンスを取り戻すことはできたと思うので、非常に大きな自信となっています。最終戦にむけて、優勝目指して頑張りたいと思います。引き続き応援をよろしくお願いいたします」

RESULT

Pos No Machine Driver Time / Behind
1 1 S Road REITO MOLA GT-R 柳田真孝/ R.クインタレッリ 2:09’45.269
2 32 EPSON HSV-010 道上龍 / 中山友貴 +7.581
3 19 WedsSport ADVAN SC430 荒聖治 / A.クート +31.747
4 24 D’station ADVAN GT-R 安田裕信 / B.ビルドハイム +35.489
5 39 DENSO KOBELCO SC430 脇坂寿一 / 石浦宏明 +1’45.603
6 23 MOTUL AUTECH GT-R 本山哲 / M.クルム +1’47.611