クラフトスポーツ / 高品質R32, R33, R34, R35GT-R専門店

MOTUL AUTECH GT-R、ポール・トゥ・ウィンで今季初優勝を飾る

SUPER GT第3戦がオートポリスで開催され、5月31日に行われた公式予選で、#23「MOTUL AUTECH GT-R」(松田次生/ロニー・クインタレッリ)が予選1位を獲得。ポールポジションから決勝レースのスタートを切ることとなった。

【公式予選】今季初のポールポジションを獲得
最初の走行となる120分間の公式練習は青空の下、ドライコンディションで行われ、まずはクインタレッリがコースイン。セッティングを確認しながら走行を続け、開始から45分を過ぎたあたりで1分35秒847のタイムをマークして トップに立つ。
その後、さらに1分35秒708までタイムを上げて、松田にバトンタッチした。松田も順調に周回を重ねていったが、残り30分を切ったあたりでGT300の マシンがコース上にストップしてしまい、セッションは赤旗中断に。しかし、その後松田もクインタレッリに迫る1分35秒787のタイムをマーク。トータルではクインタレッリの出したタイムがGT500のトップタイムとなり、セッションを終えた。
午後になると、サーキット上空には少し雲が出てきたが、公式予選 が始まる頃には日射しは強くなり、気温30℃という好天の中でまずは15分間のQ1が始まった。しばらくピットで待機したのち、残り時間8分を切って、GT-R勢が続々とコースイン。Q1を 担当した松田は冷静な走りで一旦はタイミングモニターのトップに立ち、さらに1分35秒210までタイムを縮めたが、最終的には2番手でQ2進 出を決めた。GT-R全車が進出したQ2で は残り7分でクインタレッリがコースインし、計測2周目のタイムアタックで1分34秒523をマーク。最後までそのタイムを上回るドライバーはおらず、#23 GT-Rがポールポジションを獲得した。

■NISMO鈴木豊監督のコメント
「正直言って、今はホッとした気持ちです。朝の公式練習では、いかに決勝レースを安定したペースで走り切れるかということに重点を置いてセッティングを進めてきたのですが、その状況の中でポールポジションを獲ることができ、良かったです。レース直前に装着できるエアロパーツがロードラッグ仕様に変更になりましたが、セットアップもうまくいき、この結果が得られたのだと思います。
また、今回はミシュランさんがいいタイヤを用意してくれて、そのパフォーマンスもこの結果に繋がっていると考えていますし、決勝レースへ向けてのクルマづくりもうまく進んでいますので、ミスなく最後まで走り切れれば、結果は必ずついてくると思っています。応援、どうぞよろしくお願いします」

【公式予選結果】

Pos No Machine Driver Time
1 23 MOTUL AUTECH GT-R 松田次生/R.クインタレッリ 1’34”523
2 46 S Road MOLA GT-R 本山哲/柳田真孝 1’34”792
3 1 ZENT CERUMO RC F 立川祐路/平手晃平 1’35”683
4 12 カルソニックIMPUL GT-R 安田裕信/JP・デ・オリベイラ 1’35”711
5 37 KeePer TOM’S RC F 伊藤大輔/アンドレア・カルダレッリ 1’35”892
8 24 D’station ADVAN GT-R ミハエル・クルム/佐々木大樹 1’36”840

【決勝レース】ポール・トゥ・ウィンで今季初優勝を飾る
決勝日は好天に恵まれ、やや曇り気味ながらも、気温28℃、路面温度43℃と、ミシュランタイヤを使用するチームにとっては有利なコンディションの中で65周レースのスタートが切られた。ポールポジションからスタートした#23「MOTUL AUTECH GT-R」は最初のスティントを担当したクインタレッリがハイペースで逃げる展開となり、2番手に#46「S Road MOLA GT-R」がつけ、その後#12「カルソニックIMPUL GT-R」も3番手に上がってきたことで、GT-R勢が1-2-3体制を築くことになった。
#23 GT-Rはピットインを後ろに引っ張る戦略を取り、38周までピットインを遅らせ、クインタレッリから松田にバトンタッチ。その時点で十分なマージンがあったため、松田はトップでコースに戻り、そのまま周回を重ねていく。その後、1コーナーで大きなクラッシュがあり、セーフティカーが導入され、築いてきたマージンはなくなってしまうことになるが、残り9周でレースが再開されたあとも松田は好ペースで周回を重ね、待望の今季初優勝を飾ることとなった。

■松田次生選手のコメント
「NISMOに移籍した今年、最初の2戦は悔しい思いをしたので、解決するために何度もチームとミーティングを重ねました。しかし、今回は昨日の予選から流れも良く、チームが僕らドライバーの要望通りのクルマに仕上げてくれて、それがタイヤと非常にマッチしたことがすべてです。このように完勝ができると思っていなかったのですが、SCが入った時には簡単に勝たせてはくれないな、と不安になりました。それもあって、リスタート後はフルプッシュしました。普通は優勝したあとに泣いたりはしないのですが、今回はチェッカーを受けたあとは涙が出てきました」

■ロニー・クインタレッリ選手のコメント
「日産、NISMOファンの皆さん、お待たせしました。去年も何度か勝てるチャンスはあったけど、今年は3戦目でやっと納得いくレースができました。思ったよりタイヤとマシンの状態が良く、前半からプッシュできたし、タイヤもセーブできました。46号車に追いつかれた時は、前のクルマが譲ってくれなかったので、接触してしまいましたが、大きなダメージにならなくて良かったです。
良い(マシンの)パッケージを見つけたので、次のSUGOもこれをベースに調整していけば良い結果が狙えると思います」

■NISMO鈴木豊監督のコメント
「今日の結果は、チーム、ドライバー、タイヤメーカーの皆さんやチームに関わる全ての人の努力の賜物だと思います。レースのコンディション、車両の状態も完璧で勝利の神様がようやく私たちに微笑んでくれたという感じです。
2011年の最終戦以来の勝利なので、ファンの皆様には2年数ヶ月の大変長い間お待たせしてしまいました。その間にも、勝利が得られるチャンスは何度かあったのですが、ことごとく逃しているので、今日はフィニッシュラインを越えるまで気が抜けませんでした。ようやく支え続けていただいたファンの皆様に恩返しができます。本当にありがとうございました」

RESULT (65 Laps)

Pos No Machine Driver Time / Behind
1 23 MOTUL AUTECH GT-R 松田次生/R.クインタレッリ 1:58’46.067
2 46 S Road MOLA GT-R 本山哲/柳田真孝 +5.788
3 12 カルソニックIMPUL GT-R 安田裕信/JP・デ・オリベイラ + 23.285
4 37 KeePer TOM’S RC F 伊藤大輔/アンドレア・カルダレッリ +23.649
5 36 PETRONAS TOM’S RC F ジェームス・ロシター/平川亮 +24.036
6 100 RAYBRIG NSX CONCEPT-GT 小暮卓史/武藤英紀 +44.576
8 24 D’station ADVAN GT-R ミハエル・クルム/佐々木大樹 +19 Laps