クラフトスポーツ / 高品質R32, R33, R34, R35GT-R専門店

悪天候の中、#23 MOTUL AUTECH GT-Rは2位表彰台へ

【公式予選】 #23 MOTUL AUTECH GT-Rがフロントロー
台風11号の接近で不安定な天候となった8月9日の公式予選で、#23 MOTUL AUTECH GT-R(松田次生/ロニー・クインタレッリ)は、予選トップから0.3秒差の2番手につけ、フロントローから決勝レースをスタートすることとなった。
ハンディウェイト54kgの #23 GT-Rは50kg分を燃料リストリクターで制限されるため、GT-Rにとって富士スピードウェイは得意なコースとは言え、苦しい戦いが予想されていた。しかし、この日午前中に行われた練習走行では#23 GT-Rは安定したタイムで周回。序盤にクインタレッリが出したタイムによって、2時間のセッションの大部分で#23 GT-Rがタイミングボードの最上段に表示されていた。
終盤にタイムアップするマシンが続出したが、終了間際に松田が3番手タイムを記録し、#23 GT-Rの速さが本物であることを証明した。


公式予選が行われた午後は、厚い雲がサーキット上空を覆い、高い湿度のため空気が重いと感じるようになった。Q1は松田がコースイン。その直後にピットインレーンでストップするマシンがあったため、赤旗中断となった。
セッションが再開すると松田は早速アタックを開始し、4周目に1分30秒010のタイムで2番手となる。Q2の走行時間を迎えたとたんパラパラと雨が降り始め、スリックタイヤで1周したのち、インターミディエイトタイヤに交換するためピットインするチームが多かった。#23 GT-Rのクインタレッリはスリックで3ラップした後レインタイヤに交換。残り時間が刻々と減って行く中、計測1周目でトップタイムを記録した。
#23 GT-Rがコントロールラインを通過した後、チェッカーフラッグが振られ、その後#17 NSX CONCEPT-GTがトップタイムを更新すると、クインタレッリは驚異的な区間タイムでそれに迫ったが、逆転はならず、予選2位が確定した。


■NISMO鈴木豊監督のコメント
「0.3秒差でポールポジションを逃しましたが、タイミングが良くなかっただけで、クルマの仕上がりは順調です。あの時間は、特にセクター3で急速に路面が乾いていき、ロニーが通過した時には路面はほぼドライとなってしまいました。明日は、ドライでもウェットでも不安はありません。チームもモチベーションが非常に高く、明日の決勝は良い雰囲気で迎えられると思いますので、どうぞ応援よろしくお願いします」


【公式予選結果】

Pos No Machine Driver Time
1 17 KEIHIN NSX CONCEPT-GT 塚越広大/金石年宏 1’37”306
2 23 MOTUL AUTECH GT-R 松田次生/R.クインタレッリ 1’37”636
3 8 ARTA NSX CONCEPT-GT ヴィタントニオ・リウッツィ/松浦孝亮 1’37”822
4 100 RAYBRIG NSX CONCEPT-GT 小暮卓史/武藤英紀 1’37”857
5 39 DENSO KOBELCO RC F 石浦宏明/オリバー・ジャービス 1’38”151
6 18 ウイダーモデューロ NSX CONCEPT-GT 山本尚貴/フレデリック・マコヴィッキィ 1’38”723


【決勝レース】#23 MOTUL AUTECH GT-Rは2位表彰台で選手権3位にランクアップ
8月10日(日)にSUPER GT第5戦FUJI GT 300km決勝レースが行われ、接近する台風の影響でセーフティカー(SC)の導入やレース中断などがあったが、予選2位からスタートした#23 MOTUL AUTECH GT-R(松田次生/ロニー・クインタレッリ)は2位を獲得し、表彰台に上がった。


午後3時に決勝レースがスタートした時には曇り空ながら路面はウェット。セーフティカーが先導してのSCラップのままレースはスタートし、2周が終了したところでグリーンフラッグが振られ、レーシングスピードでのコンペティションがスタート。#23 GT-Rのスタートを担当したクインタレッリは、序盤から首位奪取を狙ってアグレッシブな走りを見せ、グランドスタンドの日産応援席を湧かせた。
その後#17 NSX-CONCEPT GTから首位を奪ったが、バックマーカーの処理時に背後に迫っていた#18 NSX-CONCEPT GTに逆転されることに。その直後に激しい降雨に見舞われてSCが導入されると、7周にわたってSCランとなり、さらに赤旗によってレースが中断。これらによって、逆転のチャンスは奪われてしまう。


レース再開後は2位のまま周回を重ね、33周目にピットインして松田に交代。そののち徐々に路面は乾き始めて行く。ピットではスリックタイヤの準備も行われ、松田も46周目にベストラップを更新したが、終盤には再度激しい降雨があり、SCが導入されることとなった。残り周回は7周だったが、状況が好転することはなく、SCランのまま66周目を迎え、#23 GT-Rは2位でフィニッシュラインを通過した。
2位となった#23 GT-Rはドライバー選手権ポイント15を加算し、ランキングは5位から3位に上がった。


■松田次生選手のコメント
「チームの努力によってクルマは良い状態でした。苦しいはずの第2・第3セクターでタイムが出ていたので、それが武器になりました。この悪いコンディションの中で応援してくれたファンの方々には感謝しています。今回はMOTUL さんのスポンサー100戦目ということもあって優勝をプレゼントできればよかったのですが、チャンピオンを獲ってプレゼントしたいと思います。チャンピオンシップでは、スタートラインについたと思っています。後半戦もチャンピオン獲得を目指して攻めて行きます」


■ロニー・クインタレッリ選手のコメント
「決勝では赤旗が出たりして、難しい状況になりました。そんな中で2位を獲得することができて良かったと思います。僕が乗ったスティントの後半は少し厳しかったのですが、タイムロスを最小限に抑えて後半につなげることに集中しました。 次生のスティントでは、路面に合うタイヤを選んだのでペースはかなり良かったと思います。次の鈴鹿でも多くのポイントを獲得して、チャンピオン争いに加わっていきたいと思います」


■NISMO鈴木豊監督のコメント
「優勝できなかったのは残念ですが、このような状況の中でも2位に入れたのはチャンピオンシップに向けて大きな収穫になりました。今回クルマは非常に良く仕上がっており、予選から速さも見せられました。路面の悪い中、ミスもトラブルもなく走りきれたので、確実に次に繋がると思います。雨の中、多くのファンの方に声援を送っていただき、チームは大変勇気づけられました。ありがとうございました」


RESULT (65 Laps)

Pos No Machine Driver Time / Behind
1 18 ウイダーモデューロNSX CONCEPT-GT 山本尚貴/フレデリック・マコヴィッキィ 2:56’20.543
2 23 MOTUL AUTECH GT-R 松田次生/R.クインタレッリ +2.129
3 32 Epson NSX CONCEPT-GT 中嶋大祐/ベルトラン・バゲット +3.570
4 17 KEIHIN NSX CONCEPT-GT 塚越広大/金石年宏 +5.106
5 36 PETRONAS TOM’S RC F 中嶋一貴/ジェームス・ロシター +5.775
6 46 S Road MOLA GT-R 本山哲/柳田真孝 +6.804