クラフトスポーツ / 高品質R32, R33, R34, R35GT-R専門店

#23 MOTUL AUTECH GT-Rは10位完走

シリーズ終盤のSUPER GT第7 戦は、タイ王国ブリラムのチャーン・インターナショナル・サーキットを舞台に開催された。
竣工したばかりのこのサーキットは、全長4.554km のフラットコースで、ピットビルディングに設けられたグランドスタンドからはほぼ全景が見渡せるようになっている。10 月とは言え、当地の外気温は33 度から35 度。真夏の国内レースとほぼ同条件である。


【公式予選】#23 MOTUL AUTECH GT-R は予選3 位でグリッド2 列目を確保
第5 戦富士と続く第6 戦鈴鹿1000kmで連続して2 位となり、一躍ランキングトップに立った#23 MOTUL AUTECH GT-R(松田次生/ロニー・クインタレッリ)は、今回は規則に従って獲得ポイント数と同じ60kg のハンディウェイトを課せられており、50kg 分の燃料リストリクターと10kg のウェイトを積んでいる。 初開催のサーキットということもあり、10 月3 日金曜日に設けられた2 時間の公式練習で各車は精力的に走り込みを行った。#23 GT-R は、ここから早くも好調ぶりを発揮。#46 GT-R、#24 GT-Rに続く3番手のタイムを記録した。また、土曜日午前中の公式練習では、クインタレッリが慣熟走行を行ったのち、松田次生がレースモードでのテスト走行を重ね、#23 GT-R は6 番手のタイムをマークした。


午後に行われた公式予選Q1 は松田が担当してコースイン。ストレートの長いコースでは、燃料リストリクターの影響は大きいが、それをはねのける気迫の走りで3 番手タイムを記録し、Q2 へ進出する。その松田の奮闘に刺激されたロニ ー・クインタレッリも、2 位となった#24 D’station ADVAN GT-R に100 分の0.235 秒差の3 位で予選を通過。NISMO は決勝レースでの好成績獲得に向けて、大きく一歩を踏み出した。



■NISMO鈴木豊監督のコメント
「燃料リストリクターと10kg のウェイトというハンディをもっている#23 GT-Rは、本来なら中団くらいの位置でもおかしくない状況です。午前中の練習走行では、他のマシンも順当にタイムを延ばして来ていました。しかし、次生がQ1 で力強い走りでタイムを出してくれたので、チームの雰囲気はガラリと変わりました。それにロニーも応えてくれて、予想以上の3位を獲ってくれました。明日は、最低でもチャンピオンシップ最大のライバルの前でフィニッシュし、表彰台に上がることができれば最高です」


【公式予選結果】

Pos No Machine Driver Time
1 46 S Road MOLA GT-R 本山哲/柳田真孝 1’24”704
2 24 D’station ADVAN GT-R ミハエル・クルム/佐々木大樹 1’24”739
3 23 MOTUL AUTECH GT-R 松田次生/R.クインタレッリ 1’24”974
4 8 ARTA NSX CONCEPT-GT ヴィタントニオ・リウッツィ/松浦孝亮 1’25”077
5 32 EPSON NSX CONCEPT-GT 中嶋大祐/ベルトラン・バゲット 1’25”205
10 12 カルソニックIMPUL GT-R 安田裕信/JP・デ・オリベイラ 1’25”809(Q1)


【決勝レース】#23 MOTUL AUTECH GT-R は不運が重なり10 位完走
予選3 位からスタートした#23 MOTUL AUTECH GT-R(松田次生/ロニー・クインタレッリ)は、不運が重なったが、ポイント圏内の10 位でフィニッシュした。


66 周の決勝レースは午後3 時にフォーメーションラップが始まった。この日は前日より雲が多くまた風もそよいでいたため、スタート時の気温は低めの31 度であった。15 台のGT500 マシンはクリーンなスタートを決め、前半担当のロニー・クインタレッリが駆る#23 GT-Rは、#46 GT-R、#24 GT-Rに続いて3位で序盤を周回した。#23 GT-R は日産勢では唯一燃料リストリクターを装着しているため2 台から徐々に引き離され、11 周目に4 位となったが、そのままのポジションで約20 周を走り、32 周目に3位でピットインした。
このピット作業でエアホースがなかなか抜けずにタイムロス。後半を受け持った松田は、7 位からの挽回を開始した。ところが、39 周目にGT300 車両と接触し、相手がスピンしてしまったことでドライブスルーペナルティを受け、さらにロスを重ねることとなった。終盤は8 位を走行し、65 周目に順位をひとつ上げたものの、最終周の最終コーナーで他車と絡んでスピンし10 位でフィニッシュした。これによって選手権ランキングは首位と6 点差の3 位となり、チャンピオンを獲るためには最終戦もてぎでの上位入賞が必須条件となる。


■松田次生選手のコメント
「本当に辛いレースでした。他のクルマが予想よりもかなり速く、燃料リストリクターの影響は厳しかったです。ストレートで稼げない分、コーナーでタイムを詰めるしかなく、そこでミスを招いてしまいました。コーナーでトラフィックに引っかかるとなす術がありません。最終戦もてぎでは、勝つしかないです」


■ロニー・クインタレッリ選手のコメント
「僕のスティントは決して悪くなく、良い位置で次生に(クルマを)渡せたなと思ったら、次々といろんなことが起きてしまいました。しかし、まだチャンピオンのチャンスがなくなった訳ではありません。もてぎではハンディキャップもないし、言い訳もできません。良い準備をしてなんとしても優勝します」


■NISMO鈴木豊監督のコメント
「私の判断ミスもあり、余裕がなくロスを重ねてしまいました。次生の接触も、焦りがあったのかもしれませんし、ピット側でもう少し抑えるようにコントロールすべきでした。今日は悪いところが出てしまいましたが、クルマが速いことははっきりしているので、きちんと修正して最終戦に臨みます。日本から声援を送っていただいた皆さん、やきもきさせてしまい申し訳ありませんでした。もてぎでは確実に優勝し、チャンピオンを獲りたいと思います」


RESULT (66 Laps)

Pos No Machine Driver Time / Behind
1 36 PETRONAS TOM’S RC F 中嶋一貴/ジェームス・ロシター 1:37’58.987
2 24 D’station ADVAN GT-R ミハエル・クルム/佐々木大樹 +1.980
3 12 カルソニックIMPUL GT-R 安田裕信/JP・デ・オリベイラ +6.689
4 37 KeePer TOM’S RC F 伊藤大輔/アンドレア・カルダレッリ +16.463
5 18 ウイダーモデューロNSX CONCEPT-GT 山本尚貴/フレデリック・マコヴィッキィ +33.849
10 23 MOTUL AUTECH GT-R 松田次生/R.クインタレッリ +1:13.327
13 46 S Road MOLA GT-R 本山哲/柳田真孝 +17Laps