クラフトスポーツ / 高品質R32, R33, R34, R35GT-R専門店

#23MOTUL AUTECH GT-R、完全勝利で王座を射止める

【公式予選】#23 MOTUL AUTECH GT-R がポールポジションを獲得
11月15日(土)に行われたSUPER GT 2014最終戦の公式予選で、#23 MOTUL AUTECH GT-R(松田次生/ロニークインタレッリ)がGT500 クラスのポールポジションを獲得。逆転チャンピオン奪取に向け、幸先のいいスタートを切った。
ランキング3 位で最終戦を迎えた#23GT-R は、逆転チャンピオンを獲得するためにはここもてぎでの優勝が最低条件となる。ハンディウェイトや燃料リストリクターの制限がリセットされ、NISSAN GT-R NISMO GT500 本来の競争力を発揮できる最終戦。前日に行われた公式テストでは、決勝レースに向けて精力的に走り込みを重ね、シャシーのセットアップやタイヤ選択も満足いくものとなっていた。


午前中に行われた練習走行ではセッティングを再確認し、予選に向けた準備を進めていった。#23 GT-R は終始好調ぶりをアピール。セッション序盤にトップタイムを記録すると、最後までそのタイムを上回るマシンはなく、セッションは終了した。
晴天のもと、路面はドライというコンディションの中、Q1 を担当したのは松田次生。15 分間のセッションの折り返し点からコースインし、#46 S Road MOLA GT-Rと同タイムの暫定首位でクインタレッリにバトンを渡した。トップ8台のみで4 列のグリッドを分け合うQ2では、終盤にクインタレッリがQ1のタイムをぴったり1 秒縮めるスーパータイムを記録して、ポールポジションを獲得。2 位に#46GT-R を従え、フロントローをGT-R で占めることとなった。



■NISMO鈴木豊監督のコメント
「第一ステップをクリアすることができました。しかし、我々の目標はあくまでもこのレースに勝って、シリーズチャンピオンを獲得することです。今回はクルマの調子も良いので、ミスなく戦えばチャンスは十分にあります。
クルマを再度チェックして、決勝レースに備えたいと思います。応援してくださるファンの皆様のためになんとしても勝たなければならない、という決意です。応援をどうぞよろしくお願いいたします」


【公式予選結果】

Pos No Machine Driver Time
1 23 MOTUL AUTECH GT-R 松田次生/R.クインタレッリ 1’38”258
2 46 S Road MOLA GT-R 本山哲/柳田真孝 1’38”592
3 18 ウイダーモデューロNSX CONCEPT-GT 山本尚貴/伊沢拓也 1’38”881
4 36 PETRONAS TOM’S RC F 中嶋一貴/ジェームス・ロシター 1’38”956
5 12 カルソニックIMPUL GT-R 安田裕信/JP・デ・オリベイラ 1’39”013
14 24 D’station ADVAN GT-R ミハエル・クルム/佐々木大樹 4’23”576(Q1)


【決勝レース】#23 MOTUL AUTECH GT-R、逆転チャンピオンに。
快晴に恵まれたツインリンクもてぎには2 日間で47,500 名もの観客が訪れ、チャンピオン決定戦となった最終戦にふさわしい賑わいを見せた。250km の決勝レースは、通常より1 時間早い午後1 時にスタート。ポールポジションからロニー・クインタレッリがホールショットを決めた#23 GT-R は、スタート直後から後続を引き離しにかかった。
オープニングラップの第7 ターンでチャンピオン候補の#36 RC F と#12 GT-R が接触するアクシデントがあったが、#23 GT-R は影響を受けず、リードを広げていった。29 周目にピットインし、松田次生に交代。ピットクルー達も給油、タイヤ交換などの作業をミスなく完璧にこなし、暫定2 位でコースに戻っていった。


後半を担当した松田も力強い走りで後続とのギャップを広げ、33 周目にトップを走っていた#19 RC F がピットインすると、再び首位になる。ランキング2 位の#37RCF が猛烈な勢いで追い上げ、2 番手で#23 GT-R に追いすがった。しかし、36 周目に38 秒だった2 位との差を、48 周目に49 秒に広げ、そのまま#23 GT-R はフィニッシュラインを通過。ポールトゥフィニッシュを決めた。
最終的な2 位との差は51 秒744 であった。この完全勝利によって、シリーズランキングは逆転首位となり、NISMO は6 年ぶりのシリーズチャンピオンの座を手にした。


■NISMO鈴木豊監督のコメント
「6 年間チャンピオンを獲れない間もずっと応援し続けてくれたファンの方々に心から感謝しています。本当にありがとうございました。今日はロニーも次生も素晴らしい走りを見せてくれました。そしてチームも完璧な仕事を してくれ最高のレースとなりました。これからもNISMO らしいレースをお見せしていきたいと思いますので、応援をどうぞよろしくお願いいたします」


■#23ドライバー 松田次生選手のコメント
「SUPER GT は、長年チャンピオン争いに加わりながらなかなかタイトルを獲れずにいたので、もう僕にはチャンスはないんじゃないかと思ったこともあります。しかし、今回タイトルを獲れたことで今はその重みを噛みしめているところです。素晴らしい車に仕上げてくれたチームのみんなと、ファンの皆さんに心から感謝したいと思います」


■#23ドライバー ロニー・クインタレッリ選手のコメント
「今週は、もてぎに来る前からクルマのセットアップにもタイヤ選択にも自信がありました。チームのみんなにもエネルギーがみなぎっていたので、この良い流れができたのだと思います。こんなに多くのレースファンの前でチャンピオンになれて、本当に嬉しいです。ありがとうございました」



RESULT (53 Laps)

Pos No Machine Driver Time / Behind
1 23 MOTUL AUTECH GT-R 松田次生/R.クインタレッリ 1:32’32.446
2 37 KeePer TOM’S RC F 伊藤大輔/アンドレア・カルダレッリ +51.744
3 18 ウイダーモデューロNSX CONCEPT-GT 山本尚貴/伊沢拓也 +53.807
4 24 D’station ADVAN GT-R ミハエル・クルム/佐々木大樹 +1:02.362
5 46 S Road MOLA GT-R 本山哲/柳田真孝 +1:02.713
13 12 カルソニックIMPUL GT-R 安田裕信/ジョアオ・パオロ・デ・オリベイラ +2LAPS