クラフトスポーツ / 高品質R32, R33, R34, R35GT-R専門店

#1「MOTUL AUTECH GT-R」、トラブル発生も好走を見せる

【公式予選】#1 「MOTUL AUTECH GT-R」、予選4 番手を獲得
2015年のSUPER GTが岡山国際サーキットで開幕。4月4日に公式予選が行われ、#1「MOTUL AUTECH GT-R」(松田次生/ロニー・クインタレッリ)は予選4 番手となった。
ディフェンディングチャンピオンとして迎える開幕戦。準備日となった金曜日には突然土砂降りの雨が落ちてくるなど不安定な天気だったが、予選日は比較的暖かい陽気となった。
公式練習では、序盤のウェットコンディションから徐々に路面が乾いていくという難しいセッションになったが、#1 GT-Rは2番手タイムをマークし上々の滑り出しを見せた。


サポートレースや、ピットウォークなどを終え、GT500 の予選は午後3 時10 分にスタートした。一日を通して曇り空ではあったが、セッションの途中で日差しが見え隠れすることもあり、気温と路面温度はそれぞれ22℃/25℃を前後する辺りで落ち着いていた。
残り時間8 分を切ったところで続々とマシンがアタックに向かう中、1 コーナーに一番近い位置にピットを構える#1 GT-R は先頭でコースイン。Q1 を担当した松田は、計測4 周目で1 分19 秒814 というタイムをマークし、5番手でQ2進出を決めた。
Q2を担当したクインタレッリは、1分19秒522 と、昨年のコースレコードに肉薄する好タイムを出し、5 番手に。セッション終了後、タイムが抹消となったマシンが上位にいたため、4 番手から決勝レースをスタートすることになった。



■NISMO鈴木豊監督のコメント
「予選は、午前の練習走行より路面が悪くなっていたようで、ベストタイムが出せなかったのは残念です。テストの時から、岡山に対しては課題があったのですが、その対策では思ったほどの効果が出ず、結果的に予選に向けても修正しきれませんでした。
路面変化なども影響はしていたと思いますが、ドライバーが安心して踏ん張れるほどのクルマのポテンシャルがなかったと感じています。今日のデータを見直し、決勝レースに向けて仕切り直しです。予報では雨と言われていますが、幸いにも今日の雨の中ではいいペースで走ることができたので、もう一度天候に合ったセットを確認し、決勝レースに向けて修正していきたいと思います。」


【公式予選結果】

Pos No Machine Driver Time
1 37 KeePer TOM’S RC F アンドレア・カルダレッリ/平川亮 1’19”008
2 6 ENEOS SUSTINA RC F 大嶋和也/国本雄資 1’19”106
3 38 ZENT CERUMO RC F 立川祐路/石浦宏明 1’19”370
4 1 MOTUL AUTECH GT-R 松田次生/ロニー・クインタレッリ 1’19”522
5 36 PETRONAS TOM’S RC F 伊藤大輔/ジェームス・ロシター 1’19”658


【決勝レース】#1 「MOTUL AUTECH GT-R」、トラブル発生も好走を見せる
予選日はなんとか持ちこたえ雨。 決勝レースは曇り空の下、ウェットコンディションでスタートしたものの、レース中盤から降りだした雨に足をとられるマシンが続出し、展開がめまぐるしく変わる開幕戦となった。


予選4番手の#1「MOTUL AUTECH GT-R」(松田次生/ロニー・クインタレッリ)はクインタレッリがスタートドライバーを務めた。警察車両が先導してのパレードランに続き、フォーメーションラップを終えて14時37分に決勝レースがスタート。「濡れた路面でのペースは良い」という前日のコメント通り、ライバル勢を上回る好ペースで、4周目に3番手へ、翌周にはヘアピンでオーバーテイクを見せて2番手に浮上した。
GT300の周回遅れが出てくると、トップとの差は大きく開くこともあったが、13周目に一気に1秒を切るところまで近づくと、17周目には1コーナーでトップに並びかけ、バックストレートまで続く激しいバトルを展開し、首位に躍り出た。クインタレッリはそのままのハイペースで2番手以下を引き離しに入ったが、突然ブレーキトラブルに見舞われピットイン。トップの座を譲ることとなった。
トラブルの修復に時間を要したが、走行再開後はクインタレッリから交代した松田も好走を見せ、トップグループに引けの取らないタイムでチェッカーまで走り切り、開幕戦で完走を果たした。


■NISMO鈴木豊監督のコメント
「ブレーキのトラブルが出てしまいました。カーボンブレーキは温度管理が非常にシビアで、リアブレーキの温度管理をしていたのですが冷却が不足してオーバーヒートしてしまいました。今日は難しい天候でしたが、このトラブルを除けば路面状況に対して選んだタイヤはうまく機能していたと言えます。
ロニーが頑張ってくれましたし、後半の次生も良いリズムで走ってくれました。表彰台の可能性もあっただけに残念です。今回課題だったところをきちんと分析し、次の富士ではファンの皆様に良い走りをお見せできると思います。」


■#23ドライバー 松田次生選手のコメント
「このトラブルは予知できなかったですね。僕のスティントではクルマは全く問題なく、トップと同じくらいのタイムで走ることができました。ロニーが序盤にトップに出てくれていたので、もしあのままクルマを受け継いでいたら(そのポジションを)守り切れたと思います。クルマは仕上がってきているので、それは自信になっています。ここからチーム一丸となって、ライバル勢に負けないように頑張ります。」


■#23ドライバー ロニー・クインタレッリ選手のコメント
「今までに起きたことのないトラブルでした。突然ブレーキが利かなくなり、ピットインすることにしました。そのインラップに無線で知らされ、左リアにスモークが見えるのに気づきました。結果にはもちろんがっかりしていますが、タイヤの調子が良く、クルマもとても良い走りができていたので、チームはこの週末、良い仕事をしてくれたと思います。応援してくれた皆さん、申し訳ありませんでした。次戦がんばります。」



RESULT (53 Laps)

Pos No Machine Driver Time / Behind
1 37 KeePer TOM’S RC F アンドレア・カルダレッリ/平川亮 2:12’00.419
2 100 RAYBRIG NSX CONCEPT-GT 山本尚貴/伊沢拓也 +42.663
3 38 ZENT CERUMO RC F 立川祐路/石浦宏明 +44.265
4 8 ARTA NSX CONCEPT-GT 松浦孝亮/野尻智紀 +48.768
5 39 DENSO KOBELCO RC F 平手晃平/ヘイキ・コバライネン +54.612
13 1 MOTUL AUTECH GT-R 松田次生/ロニー・クインタレッリ +16Laps