クラフトスポーツ / 高品質R32, R33, R34, R35GT-R専門店

#1 「MOTUL AUTECH GT-R」、今シーズン初優勝!

【公式予選】#1 「MOTUL AUTECH GT-R」、圧倒的なタイムでポールポジションを獲得
2015 SUPER GT 第2 戦が富士スピードウェイで開催され、#1「MOTUL AUTECH GT-R」(松田次生/ロニー・クインタレッリ)が予選でポールポジションを獲得。コースレコードも更新した。
ゴールデンウィーク恒例となった富士スピードウェイでのSUPERGT。この週末は絶好の行楽日和という天気予報だったが、その通り、予選日から雲一つない晴天に恵まれた。
強い日差しに伴い、朝から気温も22℃、路面温度も28℃を指していた。シーズンオフのテストから手ごたえをつかんでいたチームは、予選日午前中に行われた公式練習からトップタイムをマーク。
しかも、前年に同じGT-R が記録したコースレコードを塗り替えるタイムだっただけに、予選に向けてもレコード更新が期待された。


先に行われたGT300 のQ1で赤旗中断があったため、定刻より6 分遅れ、午後2 時41 分にGT500 の予選Q1 が開始された。Q1 担当の松田は残り時間が9 分を切ったところで、15 台のGT500 マシンの中では早いタイミングでアタックを開始。
入念なウォームアップを行い、アタックラップに入った。順調にタイムを上げると、計測3 周目に1 分28 秒087 と、前年のコースレコードどころか午前中にクインタレッリがたたき出したベストタイムも大幅に更新しトップに躍り出た。 他の車両も自己ベストを更新し松田のタイムを追いかけるが、まったく届かない。松田はさらなる連続アタックで自己ベストタイムを更新すると、トップタイムでクインタレッリにバトンをつないだ。
Q2 でも、#1 GT-R の速さは他を圧倒した。残り時間6 分を切ったところで、各車がアタックラップに入っていく。他の車両が、Q1 の松田のタイムに迫る勢いでポールポジション争いを展開していく中、クインタレッリは計測3 周目に1 分27 秒675 という驚異のタイムをたたき出した。
この時点で、2 番手に0.6 秒以上の大差をつけてトップタイム。更に次の周には自己ベストタイムを0.1 秒縮め、ポールポジションを獲得した。



■NISMO鈴木豊監督のコメント
「まさにチームが良いクルマを作ってくれて、ドライバーがそれにきちんと応えてくれた結果です。あまり良い結果ではなかった3月末の富士テスト、開幕戦岡山で残った課題をひとつひとつ解決してきた成果だと思います。"ポールトゥフィニッシュ"は、NISMOのパターンだと言えるでしょう。その形はできたので、気を引き締めて明日の500kmレースに臨みたいと思います」


【公式予選結果】

Pos No Machine Driver Time
1 1 MOTUL AUTECH GT-R 松田次生/ロニー・クインタレッリ 1’27”552
2 12 カルソニックIMPUL GT-R 安田裕信/J.P・デ・.オリベイラ 1’27”877
3 38 ZENT CERUMO RC F 立川祐路/石浦宏明 1’28”312
4 36 PETRONAS TOM’S RC F 伊藤大輔/ジェームス・ロシター 1’28”335
5 24 D’station ADVAN GT-R 佐々木大樹/ルーカス・オルドネス 1’28”642


【決勝レース】#1 「MOTUL AUTECH GT-R」、今シーズン初優勝!
決勝日も、ゴールデンウィークにふさわしい晴天で、富士スピードウェイには5 万人以上の観客が訪れ、初夏のGT レースを楽しんだ。


決勝レースがスタートすると、スタートドライバーのクインタレッリは序盤から安定した速いペースで周回を重ねていった。 周回遅れが出始めると、その車両の追い抜き処理で多少後続とのタイムが縮まるものの、順位が変動するような場面はない。その差が2 秒になろうかという10 周目、GT300 車両にアクシデントが発生し、レースはセーフティカーが導入されることに。
16 周目に入るところでセーフティカーが退場し、グランドスタンドの観客は再びスタートするバトルに注目した。コントロールラインでは2 番手に並びかけられていたクインタレッリだったが、巧みなブレーキングでトップを堅守。その後はひとりハイペースを保ち、39 周目までに後続に5 秒の差をつけた後、#1GT-R はピットイン。
メカニックたちは52 秒という作業時間でマシンを再びコースへと送り出した。全車、1 回目のピットストップが終了した時点で、#1 GT-Rは再びトップに浮上。この2スティント目でも、背後を脅かされることなく、安定したラップタイムを刻んで周回を重ねた。79 周目に2 回目のピットイン。全車がピット作業を終えた81 周目には3 度目の首位。
500 ㎞という距離を、最後までハイペースで走り切り、終わってみれば1 度もトップを譲ることなく、今シーズン初優勝を決めて見せた。


■NISMO鈴木豊監督のコメント
「昨日"ポールトゥフィニッシュがNISMOのパターン"と言いましたが、有言実行できて大変嬉しいです。(ポールトゥフィニッシュは)去年のオートポリス、もてぎ、そして今回と3 回目なので、大いに自信となりました。スタッフ、ドライバーみんなが完璧な仕事をしてくれたおかげです。
開幕戦は残念な結果となりファンの皆様にはがっかりさせてしまい、申し訳ありませんでした。しかし、今年のNISMOはここからスタートを切り、ポイントを重ねて快進撃できるよう頑張ります」


■#23ドライバー 松田次生選手のコメント
「朝のフリー走行の状況を見て、今日は12号車と36号車との戦いになるなと感じていましたが、ミスしなければ守りきれると思っていました。セットアップとタイヤのマッチングが非常に良かったですね。今回、ドライバーとチームがミスしなかったことが勝因につながりました。
GT は1 回勝ってからが大変なので、この流れを持続できるよう頑張っていきたいですね。それに、最多勝記録に関して、これで2 位に並びました。僕が最多勝を狙えば、ロニーの最多チャンピオン獲得記録も達成できるので、それらをよい目標にして、これからも頑張ります」


■#23ドライバー ロニー・クインタレッリ選手のコメント
「序盤の12 号車は抑えるだけで精いっぱいでしたが、ガソリンが減ってマシンが軽くなるにつれて、タイヤを含めたマシンのバランスが良くなってきました。スティントの終盤にベストタイムも出せて、安心できました。僕の最後のスティントは、コールドタイヤでフルプッシュしたアウトラップが特に良かったので12 号車の前に出られました。次戦のタイでも今回のようにいい結果が望めるのでは、と思います。僕は次生の最多勝のため、次生は僕のためと、お互いにいい目標にして頑張ります」



RESULT (110 Laps)

Pos No Machine Driver Time / Behind
1 1 MOTUL AUTECH GT-R 松田次生/ロニー・クインタレッリ 2:56’20.204
2 12 カルソニック IMPUL GT-R 安田裕信/JP・デ・オリベイラ +11.559
3 36 PETRONAS TOM’S RC F 伊藤大輔/ジェームス・ロシター +49.317
4 17 KEIHIN NSX CONCEPT-GT 塚越広大/武藤英紀 +1’31.149
5 39 DENSO KOBELCO RC F 平手晃平/ヘイキ・コバライネン +1Lap